トライアスリート・タッキーのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 卯辰山の激坂

<<   作成日時 : 2007/06/19 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は暑かったですね。

朝出勤して、私のデスク付近にある温度計を見ると既に32℃に達している
壊れたんかな?と思ったけど、汗がジワーっと出てくる
急いで窓全開。うちの会社は事務所側にしかエアコン無いので、その部屋以外の窓を開ける。
しばらくして空気が流れたからか、朝一の”ムッ”とした熱気は無くなったけど、暑いもんは暑い。
この所の晴天続きで社屋全体暖められているから、早く雨降って欲しいけど、平日の9:00〜16:00だけ降って冷やして欲しいなぁ。
違う意味で梅雨が待ち遠しい。


朝はバイク練習。
今度の美ヶ原対策として、前から行ってみたかった激坂を走ってみる事にした。
小坂神社側からの上りはパスして、馬場小から卯辰山工芸工房に到着する道を選択。
馬場小からしばらく進むと、ミラーがあるカーブに到着。ayaranは右折。私は左折。
(右折は工芸工房上側に出る道。左折は左側にお墓があり、工芸工房下側に出る道。)
激坂コース

シッティングでどこまで行けるかやってみた。
ミラーのカーブから左折してすぐにコンクリート舗装となり、右カーブを越えると激坂が待っていた。
距離は短いのですが、足が止まってしまって全く踏み込めず、ペダルから足を外す間も無くそのままこけました。
気を取り直してそこから0スタートしてみますが、無理です。何度かトライしてみましたが、ビンディングを付けて無い方(左足)の足がペダルにうまく乗せれない為、スムーズにこぎ続ける事が出来ません。押して上がるのも嫌だったので、少し下がった位置からスタートし、ダンシングで何とかクリア出来ました。しっかし、一体何%なんでしょうね。
最大斜度を越えて左側にお墓を通過しても、まだキツイ勾配は続きます。この区間はシッティングで何とかクリア。
ヘロヘロになりながら工芸工房に到着すると、既にayaranは待っていた。

頂上到着し天神橋側に下りると、一人のロード乗りの方とすれ違い「おはようございます」と挨拶。多分あの方(後からブログを読むとその頃練習してたみたい)では?と思った。

天神橋側からの上りは、花菖蒲園前に出る直線のキツイ道を選択。今日は全てシッティングで上り続ける事が出来ました。

           花菖蒲園
画像


工芸工房側の道の勾配を測ってもらいたかったので、ayaranにお願いして上がって来た道を下る事にした。
工芸工房からお墓迄の区間は平均12%くらい。お墓辺りで20%くらい。私がこけた辺りでは勾配計は振り切れていたみたいで測定不能。恐るべき卯辰山(笑)
頂上迄の上りの距離は短いですが、家から近くていい山です。
自転車でもランでもウォーキングでも楽しめる山です。


夜はスイム練習。
内灘プールにて、ayaran、カレー君、私の3人で自主練習。
アップ100×5 : 手のかき数を一定にして。
ピラミッド25、50、75、100、75、50、25 : 手のかき数を一定にして。
600×1 : 手のかき数を一定にして。
サークル10本 : 55秒ペース。ayaranは1分ペース
ダウン : 200

トータル2200

600の前にサークル練習やればよかったかな?と思った。練習内容は滅茶苦茶ですが、とにかく週に2〜3回はスイム練習しとかないとね。

朝晩と練習でクタクタになっているので、夕飯後ツール・ド・スイスを見ていてもいつのまにか寝てしまっています(笑)


<今日の練習>
朝バイク練習:卯辰山上り2本(馬場小〜工芸工房×1、天神橋側×1)
夜スイム練習:距離2200m(1時間15分)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
勾配計買いましょう(笑) 現地に有ります。
omote@ケータイ
2007/06/20 15:02
以前から興味はありました(笑)
勾配計が付いてたら付いていたで、楽しめるかも?
タッキー
2007/06/21 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
卯辰山の激坂 トライアスリート・タッキーのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる